読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くにえだメモ

メモメモ禁止は困るのです。

2016.7.18 キンプリ静岡シネシティ・ザート「法月仁生誕祭2016」 舞台挨拶レポ(1回目)

とき :平成28年7月18日 12:30~

ところ:新静岡セノバ内 シネシティ・ザート 7番シアター

登壇 :菱田正和(監督)、依田健(タツノコプロ)、西浩子(avex 司会進行

)、五十嵐雅(鷹梁ミナト役)

 

以下、発言をベタ打ちにてまとめる。(菱)(依)(西)(五)で書き分けとする。

(メモにくっそ汚い走り書きなので、抜け、齟齬多分にありご容赦を。

やりとりは脳内補完による意訳が多分に含まれています。

心得違いがありましたらコメ欄かリプライでお教え頂けますと幸いです)

 

司会進行:西さん

 

(西)はい、そんな訳で、みなさまこんにちは。え〜本日は法…月…仁…生誕祭2016に足を運んでいただきありがとうございます。司会進行は私、avex西が務めさせて頂きます。

はい、今日は法月仁なので重々しくやろうと思ったんですが、さっそく続かなさそうなので普通にやらせて頂きます。

 

本日色々と監督からお話が…いやいやそんな大したことないですよ、皆知ってることしか言わないです。

 

それでは、今日はルールを守って楽しんでいってくださいね〜。

分かりましたか〜?いい返事〜。

 

それでは皆さんにご登壇いただきましょう。

 

(五)皆さん…セロリの聖地へようこそ…!!

鷹梁ミナト役の五十嵐雅です、本日はお越しいただきありがとうございます。

 

(菱)キングオブプリズム監督の菱田正和です皆さ〜ん…

グロリアス・シュワルツ!!!ありがとうございます

 

(依)タツノコ依田です〜今日は本当に何もないかもしれませんけど…よろしくお願いします

 

(西)ありがとうございます〜皆さんその前にですよ…監督のTシャツ見てくださいよ…仁じゃね?!!

 

(菱)そうなんですよ〜

 

(西)これは2年前のロフトで松浦さんが…

 

(菱)そうそう、ロフトプラスワンでね、今日、(仁Tを着るなら)こんなに最適な日はないですよ

 

(五)皆さん知ってますか?これマジックで書いてあるんですよね…だから洗濯できないんですよ!だからですね!いっぱい汗をかいていただいてですね!

 

(西)五十嵐さん五十嵐さん、それ(手に持っているセロリが刺さったりずむ版バトポンのような物体)何なんですか?

 

(五)これはファンの方から頂いたんですよ!初めての挨拶の後に!いやぁまさかコレをザートさんに持ってこられるとは…本当に皆さんのおかげですよ!!

 

(西)光るんですよね

 

(五)そうなんです!色々モードがあってですね、こうピカ…ピカ…ピカ…と!セロリが堪能できる!!

 

(菱)一体いくらかかったんでしょうねぇ…

 

(五)いや!かかってると思いますよ!

 

(西)五十嵐さんは何回くらい来てるんですか?

 

(五)いやぁ僕なんかね!エリートの皆さんに比べたら全然ですよ!まだ5回くらい!

 

(菱)この劇場(ザート)に5回?

 

(五)そうです、(キンプリが)まだ知られてない頃にコッソリと!後ろの方に!

 あの頃は本当にお客さんが少なくて、8人とか2人とか、3人とかでしたよね?

あ、ちなみに来てくれてた人〜?!そうだったよね!

 

(菱)そもそもどうして仁の生誕祭を静岡でやることになったんでしたっけ?

 

(西) 静岡の皆さんがキンプリを盛り上げてくれてるからですよ

 

(菱)五十嵐くんの日頃の行いのせいでシュワルツローズに入れられることになってるそうですね

 

(五)そうなんですよ!ミナトじゃなくマサシがね!

 

(菱)そうそう、五十嵐くんがですよ

 

(五)もうこれはね!監督の陰謀ですよ!完全に!

 

(菱)まあ五十嵐くんは即ツヴァイテに落とされますけどね、笑顔を絶やすな!って(笑)

 

(五)えぇ〜?!

 

(菱)あ、ちなみに静岡出身の方〜?おぉ、やっぱ結構いますねぇ

じゃあ東海から来たかた〜?

 

(西)いやそれ一緒じゃ…

 

(菱)名古屋から来た方〜?あれ、名古屋も限りなく静岡みたいなもんじゃ

 

(西)怒られますよ、そんなこと言ったら…やめてくださいよ

 

(菱)では関東から来た人〜?あぁこれも多いねぇ。じゃあ皆はこだまに乗ってやってきたんですよね?

 

(五)いやいやひかりも止まりますから!止まらないのはのぞみです!

 

(菱)ねー何で止まらないんだろうねえ?

 

(西)長くなりそうですか?もういいっすか?

 

(菱)はい

(五)はい 

 

 (西)でも菱田監督は静岡は初めてなんでしたっけ?

 

(菱)そうそう、あっでも伊豆には行ったことがあってね

 

(西)あるじゃないですか。何で嘘ついたんですか

 

(五)いや!伊豆はね!静岡でも別格ですから!別格

(補記:伊豆は伊豆在住者以外の静岡人からすれば「伊豆」であり「静岡」に非ず)

 

(菱)じゃあ静岡市静岡市は初めて!

 

(西)でも依田さんは何回か来てるんですよね。

 

(依)おでんとか、桜エビとかね 

 

(菱)ほら、(依田さんは)プラモ好きだからホビーショーとかね

 

(五)おぉ!ホビーショーといえば!静岡の数少ない観光資源の!

(補記:静岡ホビーショー静岡模型教材協同組合の主催で毎年5月半ばにツインメッセ静岡に於いて開催される模型の展示会であり、静岡でも極めて多くの動員数を記録するイベントである。静岡市ミニ四駆タミヤ青島文化教材社、ハセガワ、イマイやバンダイ静岡工場までも有する模型王国なのである)

 

(依)いやぁ、もう3、4年近く来られてないんですけどね。

あと、タツノコ国分寺にあった頃に近くに静岡おでんを出してるお店があって、よく行ってたんですよ

 

(五)おぉー!!ありがとうございます!!じゃあアレですね!だし粉をかけて!?

(補記:だし粉とは削り節を粉にしたものに青のりを混ぜたもので、静岡の一般家庭でよく用いられる調味料である。筆者の実家では「かき粉」と呼ばれるなど、その呼称には地域性が認められる。静岡おでんの定義については諸説あるが、概ね煮込まれすぎてドス黒くなった汁の中にグズグズにほぐれた牛スジ(うまい)が入ってれば広義の静岡おでんと呼べるのではないだろうか)

 

(依)いやーホビーショー以外で静岡に来られるとは。思ってもない。

 

(西)そういえば、ミナトは静岡出身になりましたよね。

 

(五)そうなんですよ。そして僕も静岡出身で!!

 

(西)これは何か関係あるんですか

 

(菱)いやあ意味はないんじゃないですかねぇ

 

(依)いやいや限りなく菱田さんだったじゃないですか

 

(菱)いや、ミナトは静岡ですよ、決めたとかじゃない。

 

(西)うわー

 

(菱)いや、ねぇ、ミナトに関しては出身地が決まってなくて、五十嵐さんが静岡出身…静岡でいいんじゃね?!みたいな

 

(西)それがこうね、今では

 

(菱)いや本当に。五十嵐さんあってのミナトですから

 

(五)いやいやいやいや!もう、ミナトのおかげでここまでやってこられましたから!

 

(五)ミナトがB型なのは何故なんですか?

 

(西)あれ、ミナトはB型。

 

(五)僕はAB型なんですけどね。

あとプリズムジャンプの「気まぐれ」っていう設定!

監督が設定の時には既にあったんですか?!いつ頃から?!気まぐれがあったんですか?!(「気まぐれ」という設定に謎の偏執を見せる五十嵐さん)

 

(菱)いや、プリズムジャンプを考えるのは僕じゃなくて、加藤さん(シンソフィア)がアイデア出しをしてくれて…

 

(五)皆さんで作り上げた、と!

 

(菱)いや、勝手に育ってってくれた

 

(五)(笑)いや、でもミナトはほら!参加型のキャラですからね!あれ?!皆さんちゃんとついて来てますか?!!

 

(西)あのー…静岡の話で盛り上がってるとこで悪いんですけど、今日が何の日かわかってますか?

 

(菱)そうですよ、今日は仁の誕生日なんですから

 

(西)仁は誕生日をどう過ごすんですかね?

 

(菱)うーん、仁はほら、金持ちだから。沢山の誕生日プレゼントをもらったり、お手伝いさんからケーキをもらったりとか…

 

(西)お手伝いさんがいるんですか?!

 

(菱)お手伝いさんくらいいるんじゃないですかね、金持ちですから。

でも、一番祝ってほしい人からは何ない、というね。

 

(西)おぉ、愛に飢えてる 。

 

(菱)絵でいうと頭の上に「ポツ〜ン」って書いてあるんですよ。

こう…ゆで卵の上のところ(ママ)だけを一口救って、スプーンを置く、みたいな。

 

(西)寂しいやつですね。

 

(菱)仁は愛されてるんだけど、愛が欲しいんですよ。

これも何処かで言わないとな〜と思ってたんですけど、仁の母親の名前は「アイ」なんですよ。顔は出てこないだろうけど、愛情の愛の字で「愛」。

 

(西)え、初耳なんですけど。

 

(五)うわぁ〜!今もう妄想がブワァ〜(って)拡がりましたよ!ねぇ皆さん?!!いや〜これは!

 

(菱)いや、それは西さんですよ

 

(西)想定内です。間に合ってます。

 

(菱)あれ?大丈夫?

 

(西)大丈夫です。ありがとうございます。

と、盛り上がってきたところでお知らせの時間でーすー皆さんご存知のことばっかでーす。

 

(西さんがライビュ等告知する裏で菱田監督が客席へ仁を見せびらかしに行く)

 

(西)ちょっと、やめてもらっていいですかそういうの。大事な告知中なんですけど。

あと、遂にキンプリのキャラソンが出まーす。五十嵐さんはもう録り終わった?ん?でしたっけ?

 

(五)録り終わりました録り終わりました!もーうコレがね、本当に素晴らしい曲で!

ミナトの曲のテーマは「ホーム」なんですけどね、もう皆さんを包み込むような!

仕事とか、その他で疲れた時に是非聞いてほしいですね!

西さんにも散々付き合っていただいてね!最後の最後まで!ってなんで徐々に下がるんですか?!取って食うわけじゃないんですから!